KEIHAN ENGEI Gardeners

初めてのバラ暮らし

初めてのバラ生活

バラ苗 生産&販売

京阪園芸webショップはこちら

初めてのバラ暮らしLet’s start living with
R
oses

バラが咲き誇る庭やベランダに憧れて、自分でもバラを育ててみたい。
でも、バラづくりは難しくて大変だと思っていませんか?

美しいバラをたくさん咲かせるコツは…
「光、風、土など自然の力を取り入れて、適期にしっかりお世話をすること」、
そして何よりも「バラづくりを楽しむこと~遊び心をもつこと」が大切です。

合言葉は、「疲れない!」「枯らさない!」「たくさん咲かせる!」
毎月のお手入れをしながら、バラといっぱい楽しみましょう。

バラってどういう植物?

~バラは「草」でなく「木」です~

バラってどういう植物?

その可憐な姿から、バラを「草花」だと思っている人がいますが、バラはれっきとした「木」の仲間。
伸び始めは柔らかく、みずみずしい緑の枝も、時がたつにつれて太くて硬い枝に変わります。
また、株元も少しずつ太って、数年もするとたくましい木の姿に成長していきます。

バラは大きく分けて2タイプ

~「四季咲き木立ち性バラ」と「一季咲きのつるバラ」~

バラは大きく分けて2タイプ

「四季咲き」のバラは、春から初冬にかけて何度も咲くタイプ。「木立ち性」とは枝が長く伸びないバラのことで、小さな場所でもコンパクトに楽しむことができます。
「一季咲き」は春だけ咲くタイプ。とはいえ、1年に咲く花の量は、四季咲きとあまりかわりません。「つる性」は、枝が長く伸びるタイプでフェンスやアーチなどに這わせて楽しめます。

バラとのおつき合いの始め方

~苗木の種類と購入時期~

バラを育てたい!と思ったら、まず苗木を入手しましょう。
バラの苗木には、開花株、新苗、大苗、長尺苗の4種類があります。はじめてバラを育てる人には、とくに鉢植えの開花株がおすすめです。すでに「大人のバラ」に成長しているので、はじめてのバラ栽培でも安心です。

バラとのおつき合いの始め方

開花株(鉢バラ):
春や秋に開花した鉢植えの状態で流通する。花を見て選べるので、とくに初心者におすすめ。

新苗(春苗):
前年の冬につぎ木をして、春からポット植えで流通する若い苗木。まだ「子どものバラ」なので、秋まで花や蕾は摘み取って、株の成長を優先させる。

大苗(秋苗/秋大苗):
新苗を秋まで畑で育てたもの。畑から掘り上げ、ポットに仮植えされて秋から冬に店頭に並ぶ。枝が切り詰められているが、畑で力を蓄えた「大人のバラ」なので、翌春から花が楽しめる。

長尺苗:
畑に植えずに鉢で育てて枝を長く伸ばしたつるバラの苗木。翌春からそこそこつるバラらしい姿で楽しめる。上の方だけ日の当たる日当たりの悪い場所にもおすすめ。葉に光が当たれば株元が日陰でも育つ。

バラがよく育つ3つの条件

~日光、風、チャーハンの土~

バラがよく育つ3つの条件

「やさしい光」で株を大きくする:
やさしい光にたっぷり当たることで、栄養がたくさんつくられて、株が大きく育つ。

「そよ風」で葉を強くする:
そよ風に当たって硬く締まった葉には、病害虫も歯が立たない。

水はけのよい「チャーハンの土」で根を健康にする:
バラは、水はけと水もちの良い土が大好き。たとえると、水やりしてもべちゃべちゃにならず、でも適度に水持ちがよい、パラパラ具だくさんの「チャーハンのような土」が理想的です。

そのほか、「植付け」「水やり」「肥料やり」「剪定・誘引」などのお手入れ方法につきましてはローズレッスン12か月書籍にてご案内しております。

京阪園芸 販売部 バラ苗&販売

〒573- 0061
大阪府枚方市伊加賀寿町1-5
TEL 072-844-1785
FAX 072-846-4841・072-846-5200
営業時間:9:00~17:00 定休日:土日祝

お問い合わせフォーム
友だち追加でお得情報GET!