指定管理者制度

指定管理事業

指定管理者制度

指定管理者制度Designated management

業務実績

枚方市 市民の森 鏡伝池緑地

枚方市 市民の森 鏡伝池緑地

枚方北部に位置する「市民の森」は、住宅街の中にある緑地公園で、「緑と太陽と文化のまち」のスローガンのもと市政35年を記念して建設されました。

約2.8ヘクタールある広大な敷地は『花しょうぶ園』『花壇』『せせらぎの森』『芝生広場』など8つのゾーンに分かれており、なかでも鏡伝池には市の鳥カワセミが飛来することもあり、野鳥の観察の場として親しまれています。

2017年にひらかた緑のNPOとの共同企業体で指定管理を受諾し、専門的な造園技術を活かした公園の運営管理に取り組んでいます。

枚方市 市民の森 鏡伝池緑地公式サイトはこちら
枚方市 市民の森 鏡伝池緑地

鏡伝池の一角には、自然林を背景とした花しょうぶ園があり、初夏の花しょうぶ開花時には、多くの市民が訪れます。

枚方市 市民の森 鏡伝池緑地

約1万2千本もの樹林に囲まれた約2.8ヘクタールの緑地は、鏡伝池を中心として、花の森、せせらぎの森、トリムの森、記念樹の森など8つのゾーンにわかれています。

柳が崎湖畔公園

指定管理者制度

1934年に建築された琵琶湖ホテルは、『湖国の迎賓館』として昭和天皇をはじめ、多くの皇族の方々、ヘレン・ケラー、ジョン・ウエイン、川端康成など、他分野の著名人をお迎えし、名実ともに滋賀県唯一の格式を持ったホテルとして営業されてきました。

1998年、琵琶湖ホテルが新しく浜大津に移転することになり、この建物の取り壊しを惜しむ多くの市民の声に応えて、大津市が耐震と改修保存を行い、2002年から「柳が崎湖畔公園 びわ湖大津館」として新たに開館。
2014年大津市より、琵琶湖汽船株式会社と当社の共同企業体で指定管理を受諾し、当社は早速、ガーデンリフォームに着手しました。

びわ湖大津館公式サイトはこちら
フレグランスローズガーデン

バラ約300種3,000株のほか、四季折々の花が咲き誇るフレグランスローズガーデン。

びわ湖大津館

クラシカルモダンな、かつての雰囲気がただよう、びわ湖大津館。

唐古・鍵遺跡史跡公園

唐古・鍵遺跡史跡公園

唐古・鍵遺跡は、幾重もの環濠に囲まれた弥生時代の集落の遺跡です。約42万㎡(甲子園10個分)という大きな面積を誇ったことや、弥生時代前期から後期まで約700年間もの長い間、途切れずに集落として存在し続けていたことなどが分かっています。

弥生時代研究にとって非常に重要な遺跡であることから、平成11年に遺跡の中心部分が国の史跡に指定されました。そして、この遺跡の地下に眠る遺構を末永く保存してしっかりと次世代へ引き継ぐように、また、この遺跡を通して、多くの人に歴史の面白さやこの地域の魅力を伝えるために、遺跡の一部が史跡公園として整備されました。

この公園では、周囲の田園風景を含め、弥生時代の「風景を再現」することと、かつてこの地で営まれていたであろう「生活を体験」できる場となることを目指しています。

唐古・鍵遺跡史跡公園公式サイトはこちら
復元楼閣

唐古・鍵遺跡のシンボルで、うずまきの屋根飾りを持つ個性的な建物です。
地域の方によって植えられた桜が唐古池を囲んでいて、春にはとても美しい花のトンネルが現れます。

弥生の林エリア

弥生時代の風景を再現するため、当時、この地で生きていたと考えられている樹木や草花を植えています。