検索結果

施工事例Works

エクステリアプラン

2019年7月21日

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

管理しやすいバラのお庭に♪その②

●京都市 M様邸

弊社の小山内が講師を務める、NHK文化センター(京都)にお越しいただいていたことがご縁で、リフォームのご依頼をいただきました。

お父様の代から、バラをたくさん育てていらしたのですが、管理が大変になってきたので、リフォームをすることにしてくださいました。

たくさんの箇所を施工させていただいたので、その②として、今回は花壇やローズガーデンをご紹介いたします。

その①のフェンスやパーゴラのリフォームについてはこちらから。

 

施工前のお写真がこちらです。

 

施工後がこちらです。

 

管理しやすいよう、花壇を高くして、作業しやすくしています。

花壇に使用したレンガは、ユニソンのソイルレンガです。

 

アプローチは、コンクリート製の舗装材とがんこまさを使用しています。

コンクリート製なので、天然石とは異なり、凹凸が少なく、フラットなアプローチを施工できます。

ご高齢の方やお子様にも、安全なアプローチになります。

使用したのは、洋風の石畳が再現できる舗装材、ユニソンのカッシアai(レンガ風)と

 

ティーナai(乱張り)です。

 

バラは、すべてのものをいったん掘り上げ、移植しました。

何十年も経っているバラも、状況・時期により移植することができます。

↓画像は、移植のために掘り上げた様子です。

 

つるバラのために、ベルツモア製のフェンスやガゼボを施工しました。

 

 

そして、真夏のお水やりが、少し楽になるよう、自動潅水も施工しました。

 

バラの季節がとっても楽しみなお庭になりました♪

 

後日、春のバラがキレイな時期のお写真をいただきました!

Mさま、ありがとうございます。

お二階から撮っていただいた画像は、圧巻です!

まるでバラ園のような、すばらしいお庭です♪

 


大切なバラを長く楽しむためにも、管理が大変になってきたら、ぜひ一度ご相談ください。

バラの専門家ならではの視点で、解決いたします!

京阪園芸エクステリアプラン