バラの病害虫

バラの病害虫

バラ苗 生産&販売

バラの病害虫Disease Carrier

バラには病気と害虫が多く、その防除がバラ作りの成功の鍵です。
上手に防除するためのポイントは、まず”予防”をうまくすることと、
被害を早く見つけて大きくならないうちに完全に退治してしまうことが一番大事です。

ボトリチス病(灰色カビ病)

ボトリチス病(灰色カビ病)
症状主に花弁に発生し、表面にカビが密生し、蕾が侵されると花が咲きらずに腐ります。
発病期5~7月、10~11月
防除法花の咲がらはこまめに摘み取って清潔にし、花弁の弱い品種はチッ素かたにならないように注意。ベンレート水和剤(2000倍)、STダコニール1000(1000倍液)などを開花前に散布します。

ベト病

ベト病
症状展開した新芽が侵され、葉の表面に水浸状の病斑ができて日焼けしたようになり、葉はやがて落葉します。
発病期6月、10~11月の霧発生期
防除法霧の発生しにくい所で栽培することが第一。発病した時はリドミルの水和剤、粒剤を散布すると、ほぼ完治します。

バラシロ カイガラムシ

バラシロ カイガラムシ
症状白色のカイガラをかぶった虫で、古い樹液に付着して樹液を吸います。カイガラムシの排泄物は葉を黒く汚すスス病を誘発します。
発病期8~9月、幼虫は5~6月
防除法幼虫の発生期にアクテリック乳剤(1000倍液)を散布します。冬期にボルン(エアゾール剤)を散布。株数の少ない時は、歯ブラシでこすりおとします。

テッポウムシ

テッポウムシ
症状ゴマダラカミキリの幼虫で、地際に近い茎や根の中心部を食害するのでバラは弱り、やがて枯れます。
発病期成虫は6~8月に発生し、株元の裂けめの下に産卵します
防除法地際に茶褐色の糞を発見したら、園芸用キンチョールE(エアゾール剤)を糞孔から注入します。

根頭癌腫病

根頭癌腫病
症状最初、カルスのような白いコブが地際にでき、これが肥大して褐色から黒褐色になります。被害株は生育がにぶり、枯れてしまいます。
発病期年中
防除法病原はバクテリアの一種で、土の中に生存して傷口から侵入します。被害にあった苗を持ち込まないことが第一。発病した時はできたコブを切除すると一時的に元気になりますが、再び発病します。被害株を抜いたあとは、新しい土と入れ替えてから、健全な苗を植え込みます。

ウドンコ病

ウドンコ病
症状最初若い葉の裏側がうっすらと白くなり、病気が進むとウドン粉をふりかけたように白くなり、葉はちぢれてしまいます。若い花首やシュートにも発病します。
発病期4月上旬頃から11月頃まで。30℃以上の高温に弱いので夏は中休み。
防除法症状の軽いうちに2~3回続けて薬を散布すれば完治します。サルバトーレME(3000倍液)、STダコニール1000(1000倍液)、サプロール乳剤(1000倍液)などを散布します。

アブラムシ(アリマキ)

アブラムシ(アリマキ)
症状草緑色のゴマ粒大の虫で新梢の先端、若葉、蕾の花首のところに群がり、バラの樹液を吸って害を与えます。繁殖力が非常に強いので、たちまち増殖して大きな被害を与えます。
発病期年中発生。特に多いのは早春から夏と秋。
防除法スミチオンの乳剤(1000倍)を散布。オルトラン粒剤を土の中に埋め、根から吸い上げた薬で駆除します。

ハダニ類

ハダニ類
症状クモ類に属する非常に小さな虫で、高温乾燥時に葉の裏側に発生。被害葉は白斑ができたように、やがてかさかさになって落葉します。
発病期早い時は4月下旬頃から見られ、初夏から秋の高温時によく発生。雨の少ない年に多発。
防除法発生初期にこまめに退治するのがコツ。ベニカXファインスプレー(スプレー剤)、ダニ太郎(1000倍液)を葉裏から散布します。

コガネムシ類

コガネムシ類
症状バラを食害するのはハナモグリ、マメコガネ、コアオハナモグリなどがあり、花にもぐり込み花弁のほかに花粉、雄しべ、若葉などを食害。幼虫はぞくにジムシといい、地中で根を食害します。
発病期5月~8月頃まで見られますが一番多いのは5月下旬から6月上旬。
防除法成虫が次々に飛んでくるので薬剤による防除は難しく、早朝、虫の活動の鈍い間に捕殺。また、貴重な花にはゴースの袋をかぶせておきます。幼虫にはオルトラン粒剤を土に散布すると有効。

黒点病

黒点病
症状最初葉の表面に褐色の小さなしみ状の斑点ができ、これが大きくなって黒褐色の病斑となります。被害葉は黄変して落葉するので樹勢を弱めます。
発病期5月頃から梅雨期にかけて発病し、一雨ごとに下葉から上の方に広がります。
防除法主に雨水によって伝染するので、降雨前の薬剤散布が一番効果的。サルバトーレME(3000倍液)、STダコニール1000(1000倍液)などを散布します。株元に敷きワラをして、雨水による「はね上がり伝染」を防ぐのも一法です。

チュウレンジバチ

チュウレンジバチ
症状幼虫は頭の黒い光沢のあるアオムシで、新梢の少し下の若葉に群がってつき、葉脈を残して食い荒らします。成虫は体長1.2cmぐらいのハチ。
発病期成虫が6月~10月にかけて3回ぐらい発生し、新梢の皮に縦にスジを入れながら20~30の卵を産みつけます。
防除法晴天無風の日にやってきて、新梢に卵を産みつけますが、産卵中のハチは動作が鈍いので捕殺し、卵は爪でつぶします。ベニカXファインスプレー(スプレー剤)を散布します。

ヨトウガ

ヨトウガ
症状最初若葉の裏に群生し、表皮を残して食害するので葉は白くなります。その後分散して昼間は葉裏にひそみ、夜間に新芽や花弁、蕾を食害します。
発病期5~6月、8~9月。
防除法発生初期にスミチオン、カルホスの1000倍液を散布します。

京阪園芸 販売部 バラ苗&販売

〒573- 0061
大阪府枚方市伊加賀寿町1-5
TEL 072-844-1785
FAX 072-846-4841・072-844-5200
営業時間:9:00~17:00 定休日:土日祝

お問い合わせフォーム