KEIHAN ENGEI Gardeners
ブログ

ブログBlog

バラの話

2021年8月14日

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【バラ栽培のススメ】まずは「品種選び」から

ひと昔前は、バラの栽培は難しく
ハードルの高いものとされていましたが
今は違います!!!

病気に強く、丈夫で咲かせやすい品種が次々に作出され
薬剤や肥料も安全性が高く
手軽に使えるものが増えました♪

栽培に適した環境と
その環境に合った品種を選べば
初心者の方も簡単にバラ栽培を
楽しむことができますよ(*^^)v

まず大事なのは、どこに植えるか?です。
栽培に適した環境の条件は以下の3点です。
①日当たりの良い場所
②風通しの良い場所
③水はけの良い場所(鉢栽培なら、水はけの良い土と鉢)

この3つがクリアできていれば
ほとんどのバラは難なく育ちます!(^^)!

植える場所が決まったら、次は品種選びです。
ここでのポイントは「樹形」です。
大きく育てたいか?
コンパクトに育てたいか?によって
選ぶ「樹形」が決まります。

例えば、狭いスペースで育てたいのに
「つるバラ」を選ぶと手に負えなくなりますし
逆に、アーチやパーゴラに這わせたいのに
「木立バラ」を選ぶと
咲いてほしい場所まで届かない可能性があります。

この春、京阪園芸ガーデナーズで開花したつるバラを
一部ご紹介します!(^^)!
ぜひ、バラ選びのご参考に♪

白【ブラン・ピエール・ドゥ・ロンサール】

【セネガル】

左【アンジェラ】右【マダム・ピエール・オジェ】

【アンジェラ】

【つる ラ・フランス】

【ロイヤル・サンセット】

【つる アイス・バーグ】

【つる ブルー・ムーン】

【つる デトロイター】

品種選びに迷ったときは
専門店のスタッフに相談するのが確実です!(^^)!
相談するときには、以下の順番で伝えると品種選びがスムーズです。
①育てる場所(環境)
②好みや特徴(色・形・香り・トゲなど)

見た目が好みでなければ、
どれだけ丈夫でも、何か物足りません。。。
なので、ビジュアルも品種選びの重要なポイントです(*’▽’)

栽培に適した環境と
その環境に合った品種を選べば、栽培は「楽」になります!!
ぜひ、相性の良いバラを見つけて
バラ栽培をお楽しみ下さい(^^)/

本日は以上です!
みなさま、素敵な‘ばらぐらし’を(^^♪

■京阪園芸ガーデナーズWEBショップおススメ商品のご案内■
1.【秋苗・春苗】絶賛ご予約受付中です(*’▽’)
👉秋苗(大苗)
👉春苗(新苗)

2.真夏のガレージSALE開催中♪

3.真夏のバラ栽培お助けセット
👉真夏の防御力アップ大作戦3点セット
👉プレゼント付き♪バラの夏バテ対策4点セット

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
▼Twitter
https://twitter.com/keihangardening
▼Instagram
https://www.instagram.com/keihanengei_gardeners/
▼Facebook
https://www.facebook.com/KeihanEngei.Gardeners
▼バラの京阪園芸 Facebookページ
https://www.facebook.com/keihan.rose/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

友だち追加でお得情報GET!