KEIHAN ENGEI Gardeners
検索結果

施工事例Works

造園

2022年2月7日

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

成長抑制剤の試験施工

 2022年2月3日、弊社が請け負っている国土交通省近畿地方整備局淀川河川事務所発注の枚方維持作業で成長抑制剤の試験施工を行いました。

 成長抑制剤とは雑草の成長を抑制する薬剤のことです。従来の草刈作業や除草剤と違い植物を枯らすことなく、景観を維持しながら草丈や樹木の枝伸長を抑えることができます。草刈作業がなくなることで、飛石による事故や配線等切断事故、作業員の怪我、熱中症等の危険を減らすことができます。また草刈の頻度を抑えることができるため、草刈り費用の削減、刈草処分に伴う環境負荷の低減にもつながります。

 今回使用した『グリーンフィールド水和剤』は国土交通省が運営する新技術情報提供システム NETIS にも登録されています。

 2022年1月下旬に草刈作業が完了した草地に『グリーンフィールド水和剤』を0.4g/m2、0.8g/m2の濃度で各2区画ずつ散布しました。また年間1回散布と2回散布の比較を行うため、2022年7月には再度1区画ずつ散布を行う予定です。

 今後、草丈の様子がどうなるか、またご報告いたします。

友だち追加でお得情報GET!