KEIHAN ENGEI Gardeners
検索結果

施工事例Works

エクステリアプラン

2022年4月5日

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

つるバラと木立バラをバランスよく配したバラのお庭

●滋賀 M様邸

「芝生の管理が大変、、、バラのお庭を作りたい!」

、、、ということで、リフォームのご依頼をいただきました。

施工前のお写真がこちらです。

 

施工後がこちらです。

 

 

 

バラは、目的や日当たりなどを考慮し、弊社でご提案させていただきました。

 

 

プライベート感のあるお庭にしたい、ということで、フェンスを設置し、そこにつるバラを誘引します。

フェンスはディーズガーデンの樹脂製フェンス 色はディープブラウンです。

 

 

 

バラなどの植栽のため花壇を作りました。土壌改良をたくさんしたので

ふかふかの土です。 スコップが、サクッと入ります♪

 

既存の枝垂れ桜は残し、一部の低木を除いて、大部分の樹木を撤去。

シマトネリコやセイヨウニンジンボク、宿根草などを植栽しました。

 

 

 

 

また、ベルツモア製のアイアンのアーチをお庭の入口に設置し、

アーチ両脇には、つるサマースノーとローズポンパドールを植栽しています。

アイアンアーチを覆うほどバラが咲き誇る日が楽しみです。

 

 

庭のアクセントとなる片アーチを3基設置し、そこには、つるジュリアやロイヤルサンセットなど華やかな色のバラを誘引します。

 

 

 

 

もともとあったレンガテラスやバーベキューコンロを残しつつ、

天然石の乱貼りでデザイン性と機能性(掃除もしやすく、歩きやすいです♪)を確保。天然石はユニソン クレモナストーンを使用。色はゴールデンイエローです。

砂利敷の部分は、防草シートを張った、その上に砂利を敷いていますので、雑草が生えにくくお手入れが楽です。

これで、今後のお庭管理がぐっと楽になります♪

 

つるバラと木立バラをバランスよく配置し、その間に低木と宿根草を植栽した、バラのお庭になりました。

春には、たくさんのバラが楽しめそうです。これからがとても楽しみなお庭です。

M様♪ 本当にありがとうございました。またお庭、見に行かせてもらいます♪車でびゅんと行きます♪    by 設計担当者(K.O.)

 


リフォームの際、バラを植栽されたい場合は、お庭の状況に合わせたバラの選定もさせていただきます。

その後の剪定や施肥などの管理もご相談くださいませ。

 

京阪園芸エクステリアプラン

友だち追加でお得情報GET!