検索結果

施工事例Works

造園

2016年3月29日

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

木もストレス

幹しか写っていませんが、この木はケヤキ。樹木治療を行ない、回復している最中の木です。

IMG_1959

以前は、幹の裂け目に高層住宅の様に砂粒で作られたアリの巣が、上の方へと伸びていました。恰幅の良い樹形でしたが、アリがうろうろするせいで、ストレスで葉が小さくいじけていたため、「元気になったらいいのですが。」とのご相談を受け、治療を行ないました。

まずはストレスの原因のアリ退治。幹肌のアリの巣を掻き取り、消毒をして、樹皮が無く、形成層が剥き出しになっている部分はコーキングを行ないました。

それから一年。外部からのストレスが無くなったため、「スッキリしたー!」との声が聞こえて来そうなくらいメキメキと回復し、樹皮が元に戻ろうとコーキングを押し出すようにしています。

そろそろ次のステップへ、新緑の時期には大きく葉を広げた梢の姿を見ることが出来るでしょう。